【節約】電気代が安くなる!電気の切り替えをしよう!!

節約
Pocket
LINEで送る

節約と言えば食費と光熱費が一番削りやすく、見直しやすいと言われています。毎月かかる固定費なので母子家庭であれば、少しでも安く抑えたいですよね。

電気の乗り換え切り替えがまだお済みでない方は、電気代が安くなる電気の乗り換え切り替えをおすすめします。

本記事ではそもそも電気の切り替えとは何?どうして安くなるの?や、他社とどう違うのかなどの比較についてご紹介していきます。

そんな説明はいいから、自分の家の電気代はいくら安くなるのか?一番最適な電力会社はどこかを早く知りたい人は【電気チョイス】電気比較サイトですぐに知ることができます。

そもそも電気の切り替えとは?

2016年から電気の自由化が始まり、元々あった大手電力会社だけではなく一般企業なども電気の小売りができるようになったことが理由で電力会社が増えました。

電気の小売りをする業者が増えたことにより、契約先によって電気代が安くなります。これを【電気の切り替え】と言います。

例えるならばどこのガソリンスタンドで給油をするのか?
Aのスタンドはレギュラー125円だけど、Bのスタンドは120円。

スマホはどこで契約をするのか?
auならこういう割引があるけれどsoftbankではこういう割引がある。

上記のように電力会社も契約先によって、割引金額や安くなる金額に変動があります。

電気の切り替えをすると?

電気を切り替えたことによってブレーカーが落ちる・電気の調子が悪くなるのでは?と心配される方もいるかもしれませんが、今まで使用していた大手電力会社の配線や発電をそのまま利用するので、そのような心配はなく今まで通り電気を使用することができます。

ただ単にいろいろな会社が電気の販売(小売り)をできるようになっただけなので、電気の契約先を切り替えたからといって、配線などの工事は不要です。

しかし電気のメーターを従来のパタパタ式から、デジタル式の【スマートメーター】に変える必要があります。スマートメーターに切り替えるための費用などは一切かからず、立ち合いも必要ありません。現在全国規模で従来の電気メーターから、スマートメーターへの切り替え作業が進められています。
電気メーター

もしまだご自宅の電気メーターが古いタイプのものだった場合は、スマートメーターへの切り替え後から新しい電力会社と契約をすることができます。

参考までに、私の自宅(集合住宅)も古い電気メーターのままで大手電力会社から別会社へ契約をしました。立ち合いもなく、いつの間にかスマートメーターに切り替わり別電力会社と契約ができていました。

電気の支払先はこれまで支払いをしていた大手電力会社から、契約先の電力会社に変わります。

おすすめの電力会社について

私は某スマホキャリアの電気に乗り換えをして、毎月電気代利用額の1%がポイントで還元されていて年間にすると約2000円浮く計算になりました。しかし【Looopでんき】 ループ電気電気の基本料金がずっと無料なので、【Looopでんき】ループ電気の方がお得だったとあとから後悔をしました。

 

電力会社によっていろいろなキャンペーンが実施されていたり、割引金額も電力会社によって違いがあります。自分の住んでいる地域や世帯はどのくらい安くなるのかなどは、電気の検針票があれば【電気チョイス】電気比較などのサイトを利用してすぐに確認することができます。

 

最後に

月に換算すると微々たるものかもしれませんが、年間で見るとそこそこの金額になっています。浮いたお金で子供と小旅行やお出かけ、自分へのちょっとしたご褒美に充てることができます。

シングルマザーの母子家庭世帯となると仕事や収入の安定や増加ももちろん大切ですが、節約できるところは節約をして上手にやりくりをしていきましょう!

 

Pocket
LINEで送る

コメント

タイトルとURLをコピーしました