生活保護制度について

支援・制度
Pocket
LINEで送る

生活保護とは、生活に困窮している人が受けられる国の制度です。
生活費や医療費などを負担してもらうことができます。

貯金もなく、離婚後すぐに住む家がない、仕事が決まらないといった人は、検討してみてはいかがでしょうか?

本記事では、生活保護についてご紹介していきます。

生活保護で受給できる種類

生活保護で受給できるお金は以下の通りです。
家族の人数によって変動し、子どもがいる場合は、子どもとの生活費も確保することができます。

生活を営む上で生じる費用 扶助の種類 支給内容
日常生活に必要な費用
(食費・被服費・光熱費)
生活扶助 1,食費
2,水道光熱費など(母子加算有)
家賃 住宅扶助 定められた範囲内で支給
義務教育に必要な学用品費 教育扶助 定められた基準額を支給
医療費 医療扶助 本人負担なし
介護費 介護扶助 本人負担なし
出産費用 出産扶助 定められた範囲内で支給
就労に必要な技能習得費用 生業扶助 定められた範囲内で支給
葬祭費用 葬祭扶助 定められた範囲内で支給

上記の生活に必要なお金以外に、起こりうるであろう急な出費などには、一時扶助という制度があり、必要に応じて支給してもらうことができます。

引っ越し代

生活保護には家賃上限が設けられており、その家賃以内の物件に住むように指導されます。

現在住んでいる物件が、その上限を超えていたり、子どもが生まれた、職場へ近い場所への引っ越しをする場合、引っ越し代(敷金・引っ越し代)などを負担してもらうことができます。

就職支度費

生活保護者が就職が決まると、スーツ代や交通費として、就職支度費が支給されます。
上限は29,000円以内(地域変動有)を支給してもらうことができます。

技能習得費

生計に役立つ資格を取得するための費用の支給。

入学準備金

入学の際にかかる制服代、教材などの費用として支給。

その他

その他、引っ越しの際に新たに必要な什器費用や、大型ごみを捨てるのにかかる費用など、細々とした費用もあります。

生活保護を受けるための条件

生活保護を受けるためには、いくつか条件があります。

  1. 資産の活用
    預貯金、積立貯金、土地、家屋などがあれば、売却し、生活費に充てる

  2. 能力の活用
    働ける能力のある人は、働く

  3. あらゆるものの活用
    年金や手当が貰える場合は、それらを活用

預貯金などがある場合は、それを生活費に充て、それが尽きたあとで受給を再度検討することになります。
働いていたり、手当などを受けていたり、親族からの援助があっても、基準の生活費に満たない場合は、不足分を生活保護費から受給することができます。

その他ケースワーカーが毎月自宅を訪問し、調査されます。

生活保護は車が持てない?

生活保護を受給する際、車を手放すよう指導を受けます。
しかし通勤・通院・自営業や仕事での利用を余儀なくされる場合は、一部認めてもらえる場合もあります。

車がなくなると困るという人は、一度役所の保護課で相談をしてみましょう。
もしくは一旦両親などの名義にしてもらい、車がないということにして申請している人もいます。

ペットは?

犬や猫などペットを飼育している場合、手放さなければならないのか?と不安に思う人は多いようです。

生活保護を受給しているからと言って、ペット飼育禁止という決まりはありませんが、手放すよう指導が入るかもしれません。
その場合は、家族同然と思っている、病気の治療にかけがえのない存在など、ペットと離れたくない旨を伝えるとOKになる場合があります。

現に生活保護受給者で、犬を3匹飼っている人もいます。

生命保険は?

子どもがいると、自分に何かあったときのために生命保険への加入をしている人もいるでしょう。
生活保護でも生命保険に加入することは可能ですが、あまり高いものには加入することができません。

生活保護受給者の体験談

私の周囲にも、生活保護を受けている知人が何名かいます。

1人は母子家庭で、3人の子どもを育てています。
生活保護を受給するようになってから、怠け癖がついてしまったのか、働けるのに働かず、毎日お酒を飲んだり、車にも乗って良い暮らしをしていました。

周囲からいつ働くのか?と聞かれると、「働くと保護費が減るから…」と言い、何年も働かずに生活をしていました。

もう1人は20代後半男性で、精神病を患って生活保護を受給しています。
こちらもやはり良い暮らしをしています。

2人とも現在はどうしているかわかりませんが、生活保護は一時的な避難所のようなもので、いずれは就職をして自立した生活を目指すべきものだと個人的には思っています。

頑張って働いても足りないときは仕方がないと思いますが、頑張りもせず鼻から生活保護を充てにするのはどうかと思います。

本当に困っている人に生活保護が行き渡っていないという事実もあり、子どもと無理心中を図ってしまうシングルマザーもいるのが現実です。

2014年9月24日
千葉県銚子市の県営住宅で、実の母が中学2年生の娘(可純さん)を絞め殺すという事件が発生した。

’13年5月には大阪市北区のマンションで28歳の母親と3歳の息子が餓死しているのが発見された。預金残高は数十円だった

こういった問題の背景は、やはり経済的困窮。
生活保護の相談に行ったけれど、相手にされなかったというケースもあるそう。

もし本当に困っていて相談に行ったけれど、相手にされなかった場合は、児童扶養手当の窓口や、保健師(育児相談の窓口)に相談をしてみて下さい。

別の窓口から保護課へ連絡をしてもらうことで、スムーズに受給できることがあります。

子どもとお母さんの命に係わることなので、緊急を要する場合は、諦めずにどれほど緊迫した状態なのかを話してみて下さい。

Pocket
LINEで送る

コメント

タイトルとURLをコピーしました